2012年5月31日木曜日

5月30日核燃輸送抗議行動

5月30日、柏崎刈羽原発1号機の核燃料搬入に抗議しました。県平和センターなどで構成される柏崎刈羽原発設置反対県民共闘会議の200名で刈羽村をデモ行進。搬入するトラックに向け抗議の声をあげました。

核燃料は東海村から運ばれ、水戸市の玉造順一市議などの有志一同が早朝監視をしていましたが、すでに夜中に運ばれていたそうです。

国は福島の検証を終えておらず、新潟県では原発に関する技術委員会が開催もされていない状況ですが、東電は再稼働ありきの姿勢です。コスト優先の結果、福島はどうなったか、まったく反省がありません。
毎日新聞新潟版


新潟日報


 

0 件のコメント:

コメントを投稿