2012年4月13日金曜日

4・9反核燃の日全国集会

青森市と六ヶ所村で開催された第27回4・9反核燃の日の全国集会に参加しました。全体で1150名、新潟から4名が参加しました。4月にも関わらず、雪が舞う日のデモ行進でした。



青森市内をデモ行進
デモ行進の翌日は六ヶ所再処理工場の前にて抗議集会

『デイリー東北』4月8日付け
 青森県反核実行委員会(三上武志実行委員長)などは7日、青森市で第27回「4・9反核燃の日全国集会」を開き、全国から参加した約1150人(主催者発表)が、原発の再稼働反対と使用済み核燃料の再処理事業からの撤退を訴えた。
 
 集会では、関西電力大飯原発(福井県)の再稼働をめぐる政府の対応について、原水爆禁止日本国民会議の藤本泰成事務局長が「電力不足などとうそを重ね、再稼働しようとしている」などと指摘。
 
 県反核実行委の奈良岡克也事務局長も「東京電力福島第1原発事故の検証も中途での再稼働は亡国への道だ」と厳しく批判した。
 
 小雪が舞う中、参加者はガンバロー三唱で気勢を上げ、市中心街をデモ行進。8日は六ケ所村の日本原燃本社前で抗議集会を開き、9日は県や原燃に再処理事業の中止を申し入れる予定。
 
 集会は同実行委や原水禁、原子力資料情報室などが主催。1985年に当時の北村正知事が再処理施設の立地受け入れを表明した4月9日前後に、毎年開いている。(松浦大輔)

0 件のコメント:

コメントを投稿