2012年1月23日月曜日

第9回ワイズエネルギーライフ研究会

1月21日、第9回ワイズエネルギーライフ研究会を開催しました。今回のテーマは「放射性廃棄物問題」で、講師は原子力資料情報室の共同代表の伴英幸さんでした。

再処理問題でわかりやすいリンク先↓
http://homepage3.nifty.com/ksueda/waste0000.html

放射性廃棄物の問題と言えば、映画「10万年後の安全」です。http://www.uplink.co.jp/100000/

世界には500基を超える原発がありながら、放射性廃棄物の処分場はフィンランドのオルキルオトにしかありません。伴さんは講演の中で触れていましたが、核実験場で有名なアメリカのネバダ州にあるヤッカマウンテンですら、州政府の反対で処分場ができません。広大な敷地を有するアメリカですら、核のゴミ捨て場に困っています。フィンランドの地盤は4億年~5億年にわたり、安定しているのですが、日本にはどこにも安定した地盤がありません。現在のところ核のゴミは各国で処分することになっているので、外国に持っていくわけにもいきません。

高レベル放射性廃棄物は、地上で30年から50年管理しますが、その期間だけでも相当な年月です。一応安全になると思われる10万年後など、人類の歴史スケールからすると途方もない年月です。

2012年1月18日水曜日

署名達成率65%に

県内人口の1割(24万筆)を目指し、さようなら原発1000万人署名に取り組んできました。2012年1月18日段階で、新潟は15万6,879を集め、達成率が
65.37%になりました。当初、数字がなかなか伸びずに苦戦していましたが、皆様の頑張りにより、ようやくここまできました。目標の24万筆まで後もう少しです。署名集約集会が3月24日、東京の日比谷で開催されますが、それまでに目標が達成できるよう、もうひと踏ん張り頑張りましょう。ゴールまで後わずかです。

2012年1月12日木曜日

政府に監視された反原発団体ランキングに3位入賞

政府に監視された反原発の識者・市民団体ランキングベスト20に、県平和センターが事務局を務める「原発からいのちとふるさとを守る県民の会」が第3位に入賞しました。ちなみに識者第1位は、原子力資料情報室の西尾漠共同代表とならび、柏崎の矢部市議が堂々の1位にランキングしました。新潟の運動がそれだけ強力ということで、逆に光栄です。http://www.mynewsjapan.com/reports/1537

それにしても、経産省は税金を使って何をしているのでしょうか。こんな暇とお金があるのなら、東電をもっと監視したらどうでしょうか。何を監視していたのか、詳細に知りたいです。私たちの税金なのですから。