2011年8月2日火曜日

さようなら原発in新潟

7月30日、中越沖地震4周年、チェルノブイリ事故25周年 さようなら原発in新潟集会を刈羽村「ラピカ」にて開催しました。水害の中の強行開催でしたが、県内、全国から200名が参加しました。チェルノブイリからアントン・ブドヴィチェンコさんが新潟に来てくれました。
7月30日新聞記事 PDF  アントンブドヴィチェンコさんスピーチ(英語・ロシア語) PDF
           原子力資料情報室共同代表の西尾漠さん

          NGOチェルノブイリの子どもたちのアントン・ブドヴィチェンコさん

                     小山芳元県議

福島を支援する会場カンパに7万9842円集まる。福島平和フォーラムの
鈴木浩行(右)さんに柏崎市議の高橋新一さん(左)が手渡す


               大雨にも関わらず、200名が参加

0 件のコメント:

コメントを投稿